「歌おう屋」のブログへようこそ


by utaoya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:小海線 ( 10 ) タグの人気記事

このところブログ更新をさぼり気味でした。申し訳ありません。
フェイスブックを始めた関係で、そちらに時間を取られすぎています。(反省)

すでに満席状態の第5回歌声列車の話題で恐縮ですが、まだこれから実施される
イベントですので投稿させていただきます。

第4回が信号機故障というアクシデントで中止になり、参加予定の皆さんには
多大なご迷惑をお掛けしました。お詫びを申し上げます。
その折の参加者116名中80%のかたが会費を据え置き、今回の歌声列車へ
振り替えて下さいましたので、今回の募集はとても楽勝でした。(笑)

今回初めて、昼食のお弁当は甲府の某レストランにお願いしました。
目的地で調達したかったのですが、120個以上のお弁当を作って下さる事業所
がありませんでしたので、仕方なくということですが、恐らくこれまでで一番内容が
良いお弁当になりそうです。

そうそう、話題といえば今回から歌唱リーダーの人数をボクも含めて4人になり
ました。女性3名、男性1名の布陣で、更にパワーアップです。お楽しみに。
これまで一人で歌唱リーダー、司会進行、リクエスト調整、音響と4役をこなして
きましたが、どうしても音響というデリケートな部分がお留守になりがちでしたので
今回から音響に神経を注ぎたいと思っています。

次回の第6回は来春4月24日(木)を予定しています。
すでに予約が入り始めていますがので、お時間の許す方はご乗車をご検討ください。
今回の当日に予約をされる方がどっと出ますので、早めが良いかもしれません。
ご予約は080-5499-0612金野まで。

d0101556_18521025.jpg

[PR]
by utaoya | 2013-10-11 18:53 | 歌声喫茶
第2回も大成功!
皆さんの応援を頂きながら、第2回も大成功のうちに事故もなく無事に終えることができました。

今回は特に小海町の皆さんが「大歓迎です」というメッセージを心と体で表現してくださり、参加者の皆さんは「第1回よりとても充実した内容になりましたね」と大喜びしてくださいました。

小海町の副町長、観光協会長、商工会長というそうそうたる顔ぶれが揃って、参加者の皆さんが昼食を頂いている会場にご挨拶にみえ、そのうえビンゴゲームの商品までご提供いただくという歓迎ぶりに、本当に胸が熱くなりました。(昼食時には、小海町産のそば粉100%の蕎麦を全員に配膳していただき、後片付けも全てしてくださるという上げ膳据え膳ぶりに大感謝です)

もちろん、往復の歌声列車も前回より充実させました。
音響効果の改善により、聞こえにくい場所をなくしました。
アコーディオン奏者を1人にすることで、音のずれを解消しました。
曲目の紹介を少し詳しくしました。
車窓から見える景色に合わせて、観光ガイドを加えました。
(前回は、見えている川の名前を聞かれても答えられませんでした。(恥))

それでも、まだまだ至らない点が多々あると思いますので、参加者の皆様からのご意見を頂きながら、「より楽しい歌声列車」を目指して努力を重ねたいと思っていますので、皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。

※当日の写真を一部掲載しますのでご覧下さい。



d0101556_1442090.jpg
d0101556_14522.jpg
d0101556_1453632.jpg






♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
[PR]
by utaoya | 2012-05-09 14:07
お待たせしました!
第2回歌声列車の参加者募集開始です。

4月26日(木)小淵沢駅小海線ホームへ午前10時集合
参加費 4200円(お弁当&お茶付き)
歌集は用意します。リクエストOK。
往復の車中で3時間歌いまくれます。
d0101556_20591170.jpg


使用車両はキハ110系という気動車。
小海線は電化されていないのです。
東電に依存しない憧れの鉄道です。

第1回は大好評でしたが、第2回はどうなるでしょうか?
結果が楽しみです。

桜の季節ですが、ソメイヨシノは行程中に少ないと思います。
山桜に期待したいものです。
そして、八ヶ岳高原の新緑でしょうかね。
爽やかな高原の春風の中を、大いに歌いながら走り抜けましょう!
d0101556_20593754.jpg
d0101556_2104185.jpg

[PR]
by utaoya | 2012-03-04 21:02
お待たせしました。

第2回歌声列車の日程が決まりました。

4月26日(木)です。

これからチラシやDMを作って広報に努めます。

参加費などの詳細はこれから急いで決定したいと思います。

とりあえず、日程のお知らせをさせていただきました。

お問い合わせは 080-5499-0612 まで
[PR]
by utaoya | 2012-02-03 22:31

歌声列車の音響システム

今日は、歌声列車の音響システムを説明します。
d0101556_1532988.jpg

d0101556_15363981.gif

d0101556_16324375.jpg


1両編成だと音響なしでも何とかなりそうですが、2両編成となると
さすがに音響なしではしんどいと思います。

お客様は「伴奏が聞こえずらい」とか「歌唱リーダーの声が届かない」
というご不満を持ちそうです。

実際問題として今回の歌声列車でさえも「音が小さかった」という
ご意見を頂いています。これは大事な課題で、大いに反省しなければ
ならない点です。
音響の問題は「どうしたら楽しんでいただけるか」という企画段階
以前の基礎的問題です。

音響に関するお話は、第1回歌声列車が終わってすぐに話題にしたかった
のですが、肝心の現場写真がなくて出来ないでいましたが、今日になって
JRさんの方から車内写真が提供されましたのでご報告できることになりました。
実は今日が第2回にむけてJRさんとの初会合だったのです。その時に写真のデータを
頂いたのでした。
(第2回は4月20日にほぼ決定です。)

2両の真ん中あたりにミキサーなどの主設備を設置しました。
テーブルはキャンプなどで使用する折りたたみで軽量なものです。
走行中に動くといけないので壁に吸盤フックを取り付けて、それと
テーブルを麻ひもなどでしっかりと固定しました。
テーブルの上に載せた機材が滑り落ちてはいけないので、滑り止めマット
を敷きました。スピーカーの下にも敷いてあります。
スピーカーは中型2台、大型2台の合計4台を使用しました。
電源は1500W対応のインバーターを使用し、列車のバッテリーから
直接とりました。
尚、マイクは歌いながら動き回りたいので、ワイヤレスピンマイクを
二人がそれぞれ胸につけています。

今回のお客様の中に音響の仕事をされていた方が偶然いらっしゃって、大型SPは
両端ではなく、それぞれの車両の中央付近に設置した方が良いというアドバイス
を頂きました。これは次回その通りに改善させて頂きたいと思います。
小海線は電化されていないのでジーゼルエンジンで走る「気動車」と呼ばれる
列車です。果たして電車と比べて音が大きいのか小さいのか分かりませんが、
とにかく列車には「走行音」がつきものです。この「走行音」に負けないような
音響システムを整えないとお客様に楽しんで頂くことができません。

第1回の経験をいかして、第2回はさらに良い環境を作りたいと思います。

第1回の反省点は、もちろん音響面だけではありません。
・集合場所
・小海駅での停車時間が30分では少ない
・その他
等々の問題が指摘されています。
これらもすべて第2回では改善します。


4月20日が楽しみで、待ち遠しいという思いがします。

音響面については当面の間、改善に次ぐ改善という状態が続くと思います。
列車内でのチェックが本番以外に出来ないからです。
このブログをご覧になった音響に関心のある方からのアドバイスをよろしく
お願いいたします。

歌声バンド「歌おう屋」
♪甲斐小路うたまろ
♪すぎのこひろこ

[PR]
by utaoya | 2012-01-21 15:41

楽しい歌声列車!

やっぱり、楽しかったぁ~♪
歌声列車ぁ~♪
天気は上々、見事な秋晴れ、絶好の歌声列車日和でした。

満席のお客様を乗せた山梨県初の歌声列車は、29日午前10:29
小淵沢駅5番ホームを歓声と「高原列車は行く」の大合唱とともに
発車しました。(ニュース原稿風)

山梨県の「歌声列車の歴史」はこうして幕が切って落とされたのでした。(大袈裟)

いやぁ~~~~~ぁ!私も興奮気味で、何やら意味不明なことを口走りながら
一曲目は「高原列車は行く」を歌うことを紹介して、とにかく歌声列車はスタートしちゃいました。

12年間歌声喫茶をやってきましたが列車での開催は全く初めての体験。
年令と共に感性は鈍くなっていますが(それでなくとも鈍いのに)それでもこの一瞬には
感動して我を忘れ、ついてにお客さんのことも忘れて「高原列車は行く」を夢中で歌いましたね。
(失礼しましたっ!)

空は青空で「八ヶ岳スカイブルー」、山々は紅葉で美しく、これ以上ない絶好の環境に
参加された皆さんも笑顔、笑顔、笑顔のオンパレード。

往復2時間半の車中、35曲ほどを歌いまくりました。

お弁当は特製の「歌声弁当」。丸政の会長さんの鶴の一声でオルゴールが仕込まれ
ました。ご飯には海苔を♪型に切り抜いたサービスも。嬉しい心配りです。

かくして・・・・歌声列車は小淵沢駅に無事に帰着。
最後に歌ったのは「今日の日はさようなら」。
手をつないで歌い、別れを惜しみました。

こんなに喜んでいただけるなら・・・、
また来春も企画しようっと!
d0101556_1422086.jpg
d0101556_1424649.jpg
d0101556_144824.jpg

[PR]
by utaoya | 2011-10-30 14:04

歌声列車・申込み状況

ただいま65名

あと45名です。


申込み締切日は一応14日です。

ご参加をお考えになっている方
お申し込みをお待ちしています。

[PR]
by utaoya | 2011-10-12 08:53
チラシができましたので
アップします。


10月29日(土)に決定です。
この頃は紅葉がきれいだと思います。

前回は東日本大震災の前に涙をのみましたが、「今度こそ」の思いで
10月に歌声列車を再企画しました。リベンジです。

日時;平成23年10月29日(土)小淵沢駅10時集合10時半発車→14時帰着
路線:JR信州「小海線」 (愛称:八ヶ岳高原線)
編成:2両編成
形態:アコーディオン2名、歌唱リーダー2名、音響設備完備
募集:110名 最小催行85名
締切:10月14日(金) ※なお、定員になり次第締め切ります。
料金:3500円 (運賃、保険、歌声チャージ、著作権料ほか諸経費)
昼食:700円 お弁当をご用意しますので一緒にご注文下さい。
主催:歌声バンド「歌おう屋」
協賛:社団法人やまなし観光推進機構

紅葉の八ヶ岳高原をゆっくり走り抜ける小海線で、懐かしい歌の数々を
ご一緒に歌いましょう。
歌を歌うことの楽しさ、歌を歌えることの幸せ、歌は私たちを元気にして
くれます。
ましてや高原列車の中で歌えるなんて、なんと素敵なことでしょう。
気のあったお友達を誘って、さぁ歌声列車の旅へ出かけましょう!

前回の計画では片道1時間で、往復2時間しか歌声の時間が
ありませんでしたが、今回は片道1時間半で、往復3時間と
たっぷり歌えます。

「高原列車は行く」がとっても似合う「小海線」は別名が
「八ヶ岳高原線」といいます。

小淵沢→甲斐小泉→甲斐大泉→清里→野辺山→信濃川上→佐久広瀬→
佐久海ノ口→海尻→松原湖→小海

上記の旅程の中で野辺山はJR最高地点として有名ですが、周辺の草原に
「牧場の乙女が花束投げる」という場面を作れたらいいなと思案中です。
(問題はやってくれる人がいそうもない)
d0101556_8572874.jpg

d0101556_22742.jpg

全国的には歌声列車は事例がすでにあるのですが、山梨県では初めてです。
果たしてうまくいくでしょうか。
音響や、機材の固定、飾り付けの固定など実際に車両に取り付けるリハーサルは
できないのでぶっつけ本番になります。
歌いながら車内を歩き回るというのも初めての体験。
どの位の疲労度なのか、どのくらい歌に集中できるのかなど考え出すときりがない
ほどに不安要素が噴出してきます。

とにかく一度やってみるしかないのですが、さて結果はどうなるでしょうか?

あ、その前に110人のお客様が集まるかどうか・・・・そちらも心配です。

皆さん、どうか「歌声列車の旅」ご参加下さい。
お申し込みは→080-5499-0912 又は tk0612@plum.plala.or.jp まで。
お待ちしていま~~~~す!!~♪
[PR]
by utaoya | 2011-09-16 22:10

リベンジ歌声列車

5月に実現できなかった歌声列車
10月に実現します
秋の八ヶ岳高原を走る
歌声列車
実現します


お二人のアコーデオン奏者

そしてJRさんと

日程の調整を開始しました

乞う、ご期待!
[PR]
by utaoya | 2011-08-10 23:04

歌声列車

歌声列車を走らせたい・・・・という「夢」

歌声喫茶が第二次ブームを迎えて全国各地で盛り上がりを見せています。

その事は「歌声喫茶」と入力して検索してみればすぐに判ることです。

第一次ブームの時と違うのは「若者」が主役ではないということで、
「中高年」が主役です。

もう一つの相違点として第二次ブームの今回は「歌声列車」という
企画が人気を呼んでいる点です。
これも「歌声列車」で検索してみると出てきます。

八ヶ岳高原を走る路線に「小海線」というのがあります。
愛称を「八ヶ岳高原線」とも言います。

「歌声列車」が全国で実行されている事実を知って、私のチャレンジ魂に
ちょっと火がつき始めています。

「小海線で歌声列車」

私の心の中にはすでに「発車オーライ」の声が響いて・・・・・います。

d0101556_22372750.jpg
d0101556_22374561.jpg
d0101556_22375695.jpg

[PR]
by utaoya | 2011-02-03 22:39